Top > 育児 > 赤ちゃんのあせもはエアコンの使いすぎも注意

赤ちゃんのあせもはエアコンの使いすぎも注意

赤ちゃんのあせもは、特に暑い夏場にできることが多いですが、意外と春や秋にもできることがあります。

最近では高気密高断熱の家事情もあり、冬場にできることもあります。

 

あせもの対策としてまず第一に重要なことは、皮膚を衛生的に保つということです。

皮膚表面の細菌が多いと、どうしてもあせもができやすくなります。

 

特に首周りや腕・脚のシワの部分の衛生状態を保つようにしましょう。

そして、お尻や股の部分は不衛生になりやすく、湿っぽいこともあり特に要注意です。

 

赤ちゃんはまだ言葉が話せないため、暑くて汗をかいても訴えることができません。

 

ですから、お母さんが赤ちゃんの汗の状態に気をつけて、暑いようでしたら服を脱がすなど気をつける必要があります。

夏場ですと、エアコンを使うのも一つの手段ですが、エアコンを使いすぎると赤ちゃんの汗腺の発達に影響があります。

 

人間は生まれてから、おおよそ3歳くらいの間に汗腺の数が決まるといわれています。

ですから、あまりエアコンを使いすぎると汗腺数が少なくなることもあります。

そうすると、将来暑い気温に対応出来ないこともあります。

 

ですから汗をかかせつつも、あせもなどができないように対処することが重要です。

汗をかいたら、きちんと拭き取ったりお風呂に入るなどして皮膚の衛生状態を保つことが先決です。

 

汗をかいた後は、水分の不足にも注意しましょう。赤ちゃんは体内の水分割合が約80%と大人よりずっと水分を必要としています。

 

水分が不足すると便秘にもなりやすくなり赤ちゃんも二重にきつくなりますから気をつけてあげましょう。ファムズベビー 乳児湿疹

育児

関連エントリー
赤ちゃんのあせもはエアコンの使いすぎも注意