足が臭いのは仕方がないのかな...

安全靴で立ち仕事をしていると、はずかしいのですが、足が臭います。
どれだけよく洗っても翌日午前中仕事をして、昼休みに靴を脱いだらもう臭います。

その前に靴がすでに臭うのに、それを履いたらもう、その時点で終わりですが。
対策グッズも出ているようですが、試したことはありません。きっとそんなんじゃ無理だなって思ってしまいます。

かわいい女の子も結構いる職場ですがみんなどうなんでしょうね。人間ですから無臭ってことはないと思うんですけど。
おばちゃんになるともう平気で足の臭いについて語っていますね。人によりますが。

でもそれを聞いて、自分だけじゃないんだって安心しているというのも事実です。
安心して終わりじゃ、いけないんですけどね・・・女子として。でも女子も人間だし。という言い訳をして生きています。

わたしは最近、子供たちと眠っています。
主人は仕事が朝早かったりするので、別室に寝るようになりました。
けれど朝、主人を起こしに部屋を開けると何とも言えないようなにおいがするのです。

親父独特のにおいではありません。
なんという風に表現していいものかわかりませんが、むさくるしいというか、タンが絡んだようなにおいも入交り、部屋が異様なにおいと雰囲気に包まれているような感じです。

もしかしてこれが加齢臭というものなのかと思いました。

主人はまだ30歳になったばかりです。
けれど加齢臭だと思います。

加齢臭というものは50歳代くらいの人が発するにおいだと思っていましたが、主人は若いけれどそういうにおいがします。

これから年齢を重ねていき、においがきつくならなければいいなあと思います。

夏になって薄着になると気になってしまうのがワキの匂いです。だから念入りのワキガ対策を行う必要があるということが出来ます。


ちなみにワキガの正式名称は臭汗症といって脇から不快感を与える匂いを放つ症状を指します。その原因はアポクリン汗腺が活発に働いているからで日本人では1割くらいの人がワキガで、実は遺伝なのです。

まあワキガに限らず薄毛なども遺伝ですし、肥満になりやすい体質かどうかも遺伝なので、結構遺伝子の情報って大事だなと思ってしまったりします。

まあ対策といっても汗をかいたらマメに拭いたり着替えたりするのとデオドランド系の商品を使用するくらいですね。ワキ専用のクリームとか販売されていて結構効果があるんです。

口臭とか足の臭いとか...

最近食事をしていると喉の奥から何やら嫌な臭いが。

何やら喉の奥に何かが引っかかっているような妙な感覚を覚えたので食後にうがいをしてみる事に、3回ほどうがいをしたところで口内から白い玉の様なものが出てきました。

その玉を潰して臭いを嗅いでみると激臭がしました。

早速この玉が何なのかネットで調べたところ、臭い玉といわれているものらしく、白血球の死骸らしく口内で自然とできるものらしいです。

口臭の原因になったり、食べ物の風味を嫌なものに変えてしまうといった恐ろしいものと書いてありました。
対策を調べてみると激しい運動をすると自然と喉から出たり、綿棒を用いて自分で取り出す事が出来るらしいです。

それにしても臭い玉を潰した時のあの匂い、暫くの間忘れることができなさそうです。

急に温度も湿度も上がってきて、薄着の方が増えてきました。
若い女性が薄着になるのはまあ、目の保養にもなるし問題ないんですが、体臭のきつい人が薄着になると、破壊力が増してつらいですね。

本格的に手術などでニオイ対策をするのは確かに大変なことだろうし、好きで体臭をきつくしてるわけではない、ということは判っているんですが、そばに寄られるとそっと身を引きたくなります。

ひどい人になると、ニオイで「あ、あの人がこちらに来たな」と判るくらいです。夏場は汗をかく分、ニオイも出やすくなってしまうんでしょう。

まあ、「人の振り見て我が振り直せ」という言葉もありますし、自分も夏場にニオイを発散していないかよく気を付けたいと思います。

足のにおいって結構気になるものです。
とくに素足にスニーカーなどは足が蒸れて、汗をかいて臭くなります。

足がくさいと、靴を脱いだ時に異臭がします。
わたしはその匂いを納豆と似たような臭い(発酵食品のにおい)に感じます。

小学生の子供がいるのですが、やはり靴はくさくて仕方がありません。
臭いをどうにかしようと靴を洗うときに、漂白剤をかけたりします。

そうすることによって靴の雑菌の増殖が抑えられそうな気がするのと、靴の臭いがマシになりそうだからです。
けれどそれも一時期だけいいものの、すぐに臭いが復活してきます。

やはり靴のにおいをどうにかする前に、においの元となる足のにおいをどうにか改善しなければなりません。
足に汗をかくなと言っても無理ですのでどうしたらいいものでしょうか。

ワキガは仕方がないよな~

わきがとは、わきの下から嫌な臭いが出る状態、症状です。

汗が分泌される場所を汗腺といいますが、汗腺にはアポクリン汗腺とエクリン汗腺の2つがあり、わきがはアポクリン汗腺が活発に働くことが原因です。日本人の場合、わきがの割合が欧米人と比べて少なく、およそ1割程度だと言われています。

わきがの方の特徴・わきがになりやすい方の特徴として、「わき毛が多い」「わきの下の汗が多い」という方はアポクリン汗腺が発達している可能性があり、わきがである可能性があります。

また、「家族にわきがの人がいる」場合、遺伝性にアポクリン汗腺が発達している場合があり、わきがになりやすいです。また「肉料理や乳製品が好き」である方は臭いの原因となる脂肪成分が増え、さらに皮脂の分泌も過剰になるため、わきがになりやすいです。

わきがの治療については、殺菌・抗菌がよく効きます。これは雑菌が悪臭の原因になっている場合が多いからです。また汗が原因ですので、こまめに汗をふき取る、

洗浄する、制汗スプレーを使うなども効果が高いと考えられます。ただ、殺菌・抗菌作用のあるものは皮膚に刺激が強い場合があり、皮膚が弱い方は傷つけることでかえって逆効果となる可能性もありますので、症状に注意しながら使用することが望ましいと考えられます。

不安がある場合、医師に相談するというのも一つの手段だと考えられます。

これらの方法を行っても改善が見られない場合、手術による治療が考えられます。治療の要点はニオイの原因となる汗腺に対するアプローチで、レーザーにより熱で対処する方法、汗腺をメスなどで削除したりかきだすなどの方法、超音波を当てることで汗腺のみを破壊する方法などがあります。

いずれも手術ですので、病院での本格的な治療となります。まずはこまめな汗への対応、殺菌・除菌を試してみるのもよいかもしれません。

親子でワキガなんですよ...。

自分でもワキガであることを認識していますが、自分では特に臭いとは感じないので気になりません。

夏になると変な話ですが、脇の下に手を入れて匂いをかいでみて、今日はそれどでもないなと思って楽しんでいます。妻はワキガでないので匂いが気になるらしく、すぐにウエットティッシュで脇の下を拭けといってくるので拭いています。

さっぱりするのでいやではなく、むしろ爽快になります。

それでも電車の中でつり革につかまるときは注意しています。混んでいるときに脇の下付近に女性がいるときは、いそいで手を放して電車の揺れを受け止めています。

最近自宅で食事をしていると、変な匂いがすることがあります。

自分のワキガかなと思っていましたが、隣にいる娘からしているみたいです。独特の酸っぱい匂いですが、自分のワキガとそっくりな匂いであることがわかり驚きました。遺伝するようですが、変なところを引き継いだようです。

娘も自覚しているのかわかりませんが、制汗剤を使っているようです。直接聞くわけにはいかないので、それとなく観察していますが、確かにノースリーブになると匂いがつよくなるのでワキガであることは間違いないようです。

女の子の場合は敏感なので、廻りの友達も気が付いていると思いますが、よくわかりません。

車で家族を連れてドライブしますが、2人のワキガ持ちがいるとさすがに車内に匂いが充満します。消臭剤を事前に準備しておくことが必要なので、卓上タイプがかかせません。

最近100円ショップにいくといろいろな種類があるので、すぐに手に入り重宝しています。

これから夏本番を迎えてワキガが見立つようになりますが、制汗剤、ウエットティッシュなどでなんとか親子で乗り切ろうと考えています

娘がワキガだということをいつに自覚するのかが心配でもあります。
学校や色んな場面で大変な思いをするのかもしれないし、これからどういう人の反応を受けていくのかが自分の体験から想像できるのでちょっと可愛そうな気もしますね。

ワキガは遺伝するのでこれは自分のせいなのかもしれません。
とにかくいろんな制汗剤やデオドラントなどを駆使して乗り切っていこうと思います。

自分の経験ではやはり専用の商品のほうが消臭効果は高いです。

薬局で売っているようなスプレーやわきがクリームでは夏場や一日中効果を期待するのが厳しいかと思うので海外製の効果がすごく高いやつをいつかそっと渡してやろうかな。

カテゴリ

ウェブページ

  • about
Powered by Movable Type 5.2.10